表現の不自由展かんさい開催のため署名しよう!

表現の不自由展かんさいが署名を始めました!
2,418 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!
みんなで声がチカラになる!
ーーーーーーーーーーー
署名はここから

ーーーーーーーーーーー
表現の不自由展かんさいを予定通り開催させてください

7月16日~18日にエル・おおさかで開催予定の「表現の不自由展かんさい」の利用承認が、エル・おおさかの指定管理者である共同事業体エルプロジェクト(代表者 一般財団法人大阪労働協会)によって取り消されました。開催を3週間前に控えた6月25日のことです。

理由は大阪府立労働センター条例第4条第6号に規定する「センターの管理上支障があると認められるとき」というものでした。私たちがエル・おおさかに問い合わせたところによると、取り消し当日までにあった抗議の電話・メールは約70件、抗議の街宣は3回というものでした。エル・おおさかはたったこれだけの抗議を理由に、「管理上支障がある」と判断し、憲法第21条1項に規定された表現の自由を侵害したのです。

このような取り消し処分が認められるならば、今後、公の施設で国や政府の意に反する催し物は開催できないことになってしまいます。この国の民主主義が、根底から破壊されてしまいます。

私たちは6月30日、エル・おおさか(指定管理者である共同事業体エルプロジェクトの代表者である一般財団法人大阪労働協会)を相手に、処分の取り消しと即時の執行停止を求めて大阪地裁に提訴しました。

しかし裁判の行方に関わらず、「表現の不自由展の作品たちにアクセスする権利を侵害するな」「作品や作家の表現の自由を侵害するな」というたくさんの人の声をエル・おおさかに届ける必要を感じています。法的解決によらずとも、エル・おおさかに再考を促し、エル・おおさかの判断として「表現の不自由展かんさい」の実現に協力してもらうことがベストの選択です。

みなさま、司法の力だけでなく、民主主義を大切に思う私たち市民の声を、エル・おおさかに届けましょう。市民の声に背を向けたエルおおさかなど、みたくありません。

エル・おおさかは当初の予定通り、7月16日~18日の会期で「表現の不自由展かんさい」が開催できるよう、処分を撤回してください。
エル・おおさかは、憲法に規定された表現の自由を、侵害しないでください。