たくさん応援メッセージが届いています

毎日のように応援メッセージをいただいています。

妨害行為ばかり目につくように報道されていますが、妨害メールをはるかに上回っています。

少しずつご紹介します。

●表現の不自由展の開催ありがとうございます。

東京に少女像のある意味を深く考えることのできる、市民に開かれた場所を提供していただいたこと、本当に意味のあることだと思います。嫌がらせ等大変な思いもしているかと思いますが、世界中の日本軍「慰安婦」問題の記憶をめぐる闘いの1つとして、今回の展示はあると思いますので、最終日までどうか頑張ってください!

●無事開催できるように、私なりに妨害行為を批判します。応援します。

●表現の不自由展応援しています。表現の自由はいついかなる時でも守られるべき権利です。見るも見ないも自由ですが、自分が見たくないから見せたくない、見せないようにするという行為は許されるものではありません。貴ギャラリーが今回、不自由展の開催に踏み切られたこと、今の時代にとても貴重なことだと思います。応援しています。理不尽な攻撃に負けずに頑張ってください。

● 表現の不自由展」予約させていただいています。
 反差別・反植民地主義のための「表現の自由」を支えてくださる貴ギャラリーに感謝します。

●右翼団体の嫌がらせがあるようですが、民主主義を守ろうとする、神楽坂セッションハウスの試み、応援します。

●今回の表現の不自由展、楽しみにしている者です。以前の展示会では何度かセッションハウスに行きました。今回ですが、困難があったら、独りで引き受けないで、応援を求めてください。川崎などでのヘイトスピーチには、たくさんのカウンターが生まれました。応援する人はたくさんいます。わたしも応援したいです。

●表現の自由展、応援しています。小さな声が押しつぶされ、挙句に命まで奪われている日本社会、こうした公共的な行動の意味と勇気はますます大きいと思います。そして、どんな意見を持とうと勝手ですが、自分の意見を通すために無名顔なしの脅迫で、恐怖心に訴える卑劣さ、まったく許せません。

●企画展「表現の不自由展」は、歴史と向き合い、いま自分達が生きる社会の問題と向き合うために、とても大事な取り組みです。それなのに攻撃を受けていらっしゃることを知り心を痛めています。でも負けずに開催できますよう、応援しています。暑さとコロナも重なりますが、関係者のみなさまどうぞご自愛ください。

●あいちでは妨害によって追い込まれた企画展「表現の不自由展」が6月25日貴施設で開催される予定と聴きました。楽しみにしておりますので、ヘイトなどからの妨害に屈せずに表現の自由を守るためにがんばってください。応援しています。

●今回は知人から、「表現の不自由」展への右翼の妨害のことを聞き、思わずご連絡した次第です。
近隣の方に嫌がらせが行われているとのことで、地域住民としてはいてもたってもいられないと感じております。と、同時に、そうしたなかでは直接的な行動をとることで火に油を注ぎかねない難しさもあるかと思います。さぞ苦慮されていることかと思いますが、もしなにかお力になれることがありましたら、できる限り協力させていただきます。
いずれにせよ、「表現の不自由」展の開催はそれ自体がひとつの勇気ある試みだと思いますし(かといって、たとえば、やはり妨害予告をうけて『狼をさがして』の上映を中止せざるをえなかった映画館の判断は責められるべきものではないとも思います)、こころから応援しております。

●表現の不自由展を開催されると聞いています。英断に敬意を表します。ネット右翼に嫌がらせに負けないでください。応援しています。

●「表現の不自由展」開催にあたり、嫌がらせを受けていると聞きました。国や右翼の締め付けがより一層キツくなっている今だからこそ、神楽坂セッションハウスさんが「不自由展」を開催することに大きな意義があると信じます。辛い毎日と思いますが、遠くから応援しています!

●表現の不自由展の開催の決断に敬意を払います。
嫌がらせ等があると伺いました。大阪からも応援しています。共に頑張りましょう

●今度「表現の不自由展」が開催されると伺いました。私もぜひ展示を見に行きたかったのですが、あいにく海外在住で行くことが叶いません。「表現の不自由展」大変意義深いものだと考えておりますので、ぜひ予定通り開催してください。遠くからですが、応援しております。

●「表現の不自由展・東京」開催の妨害が毎日のようにあるとか、大変危惧しています。開催会場としての勇気ある決断に感銘を受けています。不当な攻撃に屈することなく最後まで毅然として開催を実施することを願っています。成功しますように。

●時間が、取れる時には何日でも行きますので、よろしくお願いいたします。

●表現の不自由展・東京の開催、頑張ってください。妨害があるようですが、これにひるまず、妨害者を圧倒されることを期待しています。大変でしょうが、ぜひ乗り越えられるよう、心から応援します。

●セッションハウスが表現の不自由展の会場となったことで、右翼の妨害が始まっていると聞きました。私は愛知県在住で、愛知トリエンナーレでの不自由展中止を目の当たりにしました。こんな世の中だからこそ、東京での不自由展を支持します。応援しています。状況をツイッターで発信してくださったら嬉しいです。たくさんの人が見守っています。

●この度は『表現の不自由展』を開催してくださってありがとうございます。表現や言論の自由は民主主義の根幹をなすものです。開催の決定には勇気がいったことでしょう。とても価値のある勇気です。偏狭な考えの人たちの嫌がらせにどうぞ負けないでください。応援しています。

●2月に「オリンピック終息宣言」展を拝見した者です。その時にも、このような展覧会に場を提供されるのはすばらしいと感じました。今度は「表現の不自由」展を開催されると聞き、更なる快挙と感服しております。
もしや嫌がらせなどあるのではと心配しております。私は何もできない非力な存在ですが、セッションハウス様を支持し応援しております。展覧会には必ず駆けつけます。

●表現の不自由展の開催をありがとうございます。貴重な機会を与えてくださりありがとうございます。

暴力的な圧力もあると思いますが、応援している仲間もたくさんいることお伝えしたくメールしました。

会期中どこかで伺います。

●表現の不自由展・東京のための会場をお貸しくださってありがとうございます。展示内容に不服がある右翼の人たちが街宣車でがなり立てて恫喝していますが、恫喝に屈せずに、毅然として対応してください。

●大変な中とは存じますが、どうかお体にお気をつけてお過ごしください。

●「表現の不自由展」の開催を応援いたします。
こころない人権を度外視する人たちから嫌がらせなどもあるかと思いますが、ここで後退することこそ、相手の思うつぼで、あっという間に「検閲」社会になってしまいます。
ひとつずつ、私たちの自由を取り戻すためになんとか開催をお願いしたいです。
恐怖が拭えない場合は、警備のボランティアをつのれば、市民が駆けつける時代です。私も行くことは可能です。味方はたくさんいます。
私の周りでは、この展示会を応援している人が沢山います。とくに、クリエイティブに携わっている、アーティスト、デザイナー、ライターなどです。負けずに頑張って開催をお願いします!私もかならず足を運びます。

●開催を承諾されてありがとうございます。大変でしょうが、どうぞ頑張って下さい。遠くなので、具体的な手伝いが出来ないのが残念です。

●表現の不自由展・東京を開催されるということで、関西在住のため、遠くて行けませんが、感謝と連帯のメールをお送りしたいと思います。妨害などもあって大変だと思いますが、応援しています。

●「表現の不自由展」開催の勇気に敬意を表します。というか、普通の展覧会に「勇気」などと言わなければならない現在の状況が腹立たしいやら、悲しいやら…。頑張ってください。応援しています!

●「表現の不自由展・東京」に対し、右翼の妨害がひどくなっていると聞きました。妨害に屈せず、展示を成功させていただきたいと思います。多くの方に見ていただけますように。応援しています。

●「表現の不自由展・東京」開催の妨害が毎日のようにあるとか、大変危惧しています。開催会場としての勇気ある決断に感銘を受けています。不当な攻撃に屈することなく最後まで毅然として開催を実施することを願っています。成功しますように。

●「表現の不自由展・東京」開催を応援しています。民主主義国家の将来の為に、いやがらせ等に屈しないでください。

●応援メッセージです。ご返信は不要です。
「表現の不自由展」開催に際し、色々な被害に遭っておられると聞きました。わがことのように腹が立ちます。
なによりセッションハウスの方々のご無事を心より願います。
こういうことを許しがたいと思っている人間、「不自由展」開催の決断を心から支持している人間がいることをお伝えすることで、わずかなりとも心の支えになれば、これ以上の幸いはありません。

●右翼の妨害に屈せず、頑張ってください!!

●負けるな!表現不自由展。
お疲れ様です。米国も中国も欧州も、世界各国が日本軍「慰安婦」を戦時性暴力と見る中、日本の安倍、菅政権だけが、否定しようとしています。日本全国で不自由展が開かれる日を期待し、応援します。返信は結構です。

●表現の不自由展、さまざまな圧力でしんどい思いをされているかと思います。しかしこれ以上不自由と不寛容を許容することは日本のためになりません。どうか、持ちこたえ、文化表現の砦を守っていただきたいと思います。

●応援しています。展示楽しみにしています。妨害は許されません。神奈川でも厚木の映画館が不当な要求に屈して上映中止してしまった例が最近ありましたが、横浜では相手にしていませんでした。妨害者はこけおどししかできない人たちです。大変だと思いますが、なにとぞご自愛ください。 

●表現の不自由展・東京の開催に当たって、開催させないようにとの妨害が来ているようにききましたが、歴史の事実にちゃんと向き合えるよう市民的権利の見識をもって、是非開催を応援してください。

●表現の不自由展で、ひどい妨害にあっていると聞きました。
大変だとは思いますが、負けないでください。全国に思いを同じくする人がたくさんいます!

●表現の自由を守るためにも、会の成功を祈っております。

●まっとうな不自由展
アートでの表現大事にしたい
開催ありがとう‼️
期間中見に行きたいです

●必ず行くので負けないで。

●「表現の不自由展・その後」の開催、大切なことですね。妨害があり、大変だと思いますが、やり抜いて下さることを期待し、応援しています。

●頑張ってください。

●「表現の自由」とは、「内心の自由」ではなく、「表現発表の場の確保」のことです。重要な企画をされたことに賛同いたします。

●表現の不自由展・東京ヘの妨害活動に反対します、右翼の街宣車が会場近辺で妨害している。イヤがらせのメールがたくさんきていると聞きました。国家が犯した過ちを正さずして、現在進行中のコロナ感染放置・原発最稼働改善はありません。人権・言論抑圧に屈せず正しく生きてきましょう。

●「慰安婦」問題、少女像に対してヒステリックに攻撃するのはそこが一番歴史修正主義者の弱みだからでしょう。負けないで!!